The Rotary Club of Towada Hakkoh

十和田八甲ロータリークラブ

HOME >> 活動計画

活動計画

 クラブ戦略計画委員会                 委員長 岩 間 惠美郎

これからの 5 年後、10 年後の持続可能なクラブの未来を描き、現状を評価し、目標設定をし、 会員同士の「和」を図り、活発なクラブ活動を目指す。具体的には会員数 100 名を目標、各同 好会の活発な活動、当クラブの良さを発信し会員増強に繋げるなどを提言、実行することを目 指す。

 クラブ奉仕委員会                   委員長 田 中 俊 次

「2020 年会員数 100 名」を目標に 2015 年より取り組み目標を達成させる年度となります。 各会員より新入会員の勧誘を何卒よろしくお願い申し上げます。会員間のコミュニケーション を図る為、小委員長が提示した委員会活動方針に対し会員が積極的に参加を頂き、楽しく充実 したクラブ維持に努めたいと思います。

 出席委員会                      委員長 水 尻 和 幸

例会や事業等の出席率を向上させるため、こまめな出席確認に努めます。また、参加 状況が他の模範となる会員については、最終例会において表彰を行い、参加意欲の高揚 を図ります。

 広報・クラブ会報・写真委員会             委員長 佐 藤 祐 二

クラブのHP更新・SNSなどの連動を通して、クラブ内外に「十和田八甲ロータリー クラブの活動と存在意義」を広く伝えていくことを目指します。また、例会や様々な取 り組み・活動を分かりやすく伝えることにより、「クラブ会員の増員」と「会員の例会 参加率アップ」へ繋がる仕組みづくりをしていきたいと思います。

 親睦活動委員会                    委員長 菅   文 昭

会員はもとより、ロータリー家族の親睦を深めるよう、次の活動を予定しています。 1.同好会(ゴルフ、旬の会)の計画により開催する。

2.家族例会(12 月 18 日、6 月 24 日予定)

 会員増強・会員選考・職業分類委員会          委員長 吹 田 正 利

以下のことに取組んでいきます。

1.会員増強 「2020 年、会員数 100 名」を目標に取組活動を継続します。 2.会員維持 各委員会・同好会と供に、行事への参加協力等で努力していきます。 3.未充填職業新会員の勧誘 会員の皆さんのご理解と協力を得ながら勧めます。

 プログラム・ロータリー情報委員会            委員長 委員長 小笠原 拓 司

田島会長の活動方針・クラブ運営方針の特色を最大限に生かせるようなプログラムを 計画・実行していきます。主に会員卓話・スピーチを重視し、ロータリー情報やロータリー 教育を提供するプログラムを実施します。RIが指定している月毎の強調事項を目的と したプログラムを各委員会と連携し計画実施します。

  ニコニコボックス委員会               委員長 下久保 淳 一

会員自身や家族に何か嬉しい事、何か幸せなことがあった時、あるいは失敗・迷惑を かけてしまった時もニコニコボックスを利用し、ユーモアたっぷりに例会で披露しても らいます。そして、その資金を親睦あるいは社会奉仕に充てます。  ニコニコボックスこそが会員に出来る善意であることを会員の皆様に理解していただ くことで楽しく親睦を図れるクラブを目指します。

  職業奉仕委員会                    委員長 四 橋 弘 泰

ロータリーの根幹たる職業奉仕への取り組みの為、職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕 事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔 なものとし、「四つのテスト」と「ロータリアンの行動規範」を倫理行動の指針として実践出来 るよう、現会員・新入会員の意識高揚に努める。

  社会奉仕委員会                    委員長 三 浦 敏 明

ロータリアンとしての奉仕活動に基づき次の社会奉仕活動を行います。 1.「チャリティゴルフコンペ」を年1回開催します。会員及び地域の皆様と親睦と友好を深め  ることを目的とします。集まった募金は十和田市を通じて「こども夢チャレンジ基金」に寄  付をします。 2.第9回十和田八甲ロータリークラブ杯青森県少年ラグビーフットボール大会を開催して、  青少年育成に貢献します。 3.北里大学「よさこい同好会」や「おいらせ知の会」による植樹事業等の地域活動を実施します。

 

  国際奉仕委員会                    委員長 新 山 忠 男

1.ポールハリスフェローの増強(累積 1000 $以上の寄付をたたえる認証)

2.ロータリー財団・R米山記念奨学金委員会の支援

  ロータリー財団・R米山記念奨学委員会         委員長 樋 口   大

クラブ目標(ロータリー財団基金 150 $・ポリオプラス 30 $、R米山記念奨学金寄 付 2 万円)を把握の上、会員に協力を依頼します。

  青少年奉仕委員会                  委員長 中 岫   崇

「青少年の育成」が地域の未来を育成につながると確信し、青少年の可能性と資質の向上のた め、青少年の活動の安全と健全な活動の機会を守ることが我々ロータリアンの責務であると信 じ、委員会活動に取り組みます。

1.十和田 RC 主催の高校生を対象とした面接セミナーへの参加支援をします。

2.北里大学「よさこい同好会」の支援。

3.第 9 回十和田八甲ロータリークラブ杯青森県少年ラグビーフットボール大会の主催。

Copyright© 2013 Towada Hakkoh Rotary Club. All rights reserved

>