The Rotary Club of Towada Hakkoh

十和田八甲ロータリークラブ

HOME >> 会長挨拶

2017年〜2018年度 会長メッセージ

会長就任の挨拶

 

十和田八甲ロータリー

 

第16代会長  岩間 惠美郎

第16代十和田八甲ロータリー会長に就任にあたり、歴代会長、役員、そしてメンバーの皆様のご協力、ご支援を頂きながら務めてまいりますので、よろしくお願い致します。

さて、2017~2018国際ロータリー会長イアン・H.S.ライズリー氏のテーマはMaking a Differenceであり、「ロータリー:変化をもたらす」であります。

このように世界や地域社会のニーズにより「ロータリーとしても変わらなければならない」との想いではないでしょうか。また、「会員増強のための中長期の戦略計画を立案しましょう」とあります。

しかし、十和田八甲ロータリークラブは、夜例会の実施や「釣りの会」「旬の会」「ゴルフ同好会」など、楽しみながら「仲間づくり」ができる仕組を既にクラブ創設時より、作っており、チャーターメンバー並びに歴代会長の先見性に頭の下がる思いです。

また、国際ロータリーの指導による定款変更となるや、すぐさま変更するなど、変化にも対応できる素晴らしいクラブです。

ロータリーの奉仕はポリオ撲滅運動のような国際的な奉仕と地域社会のニーズによる奉仕と、大きくいって、二つに分かれますが、近年、大都市と地方との格差や少子高齢化が顕著に表れてきているのではないでしょうか?そのため地域社会に対する奉仕を重点に活動したいと考えております。

これから青少年に対する奉仕活動は勿論の事、地域の祭りやイベントをとうして、いろいろな人達と一緒になって地域を盛り上げ、地域社会を元気にするような事業の支援をし、住んでみたい「まち」の一番になってもらいたいと思っております。

また、クラブ運営では楽しい例会や同好会活動も活発にしていきたいと思っております。楽しみながら奉仕をする。そして、その活動の中から共感する人たちがメンバーとなり、自然と会員増が図られるものと信じています。

このような素晴らしい十和田八甲ロータリークラブの会長を拝命できることを光栄であります。そして、行動は常に4つのテストに照らし合わせ活動して参りますので、会員の皆様の絶大なる、ご指導ご協力をお願いし、挨拶とします。

 

2016年〜2017年度 会長メッセージ

会長就任の挨拶

 

十和田八甲ロータリー

 

第15代会長  今   春 淑

十和田八甲ロータリークラブの入会は、2004年7月1日で、ロータリー経験は12年と、まだまだ未熟ですが、この度、第15代会長に就任致しました。理事役員、会員の皆様のご協力、ご支援を得ながらクラブ運営、ロータリー活動を担って参ります。 昨年の10月3、4日に十和田しで開催された「B-1グランプリin十和田」全国大会が大成功に終わりましたのも会員の皆様のご協力の賜物です。 さて、今年で東日本大震災も6年を迎えました。私は震災の時にロータリーの幹事を務めておりました。私自身の事業所も被災に遭い、ロータリーを続けることはできないと思っていました。そんな時、十和田八甲ロータリークラブの会員皆様から「頑張れ!」と励ましの言葉で「元気・勇気」を頂き、ロータリアンになって大変良かったと思います。 さて、今年度(2016~2017年)のジョン・ジャーム国際ロータリー会長のテーマは「ROTARY SERVING HUMANITY」「人類に奉仕するロータリー」です。ロータリー111年の歴史の中で、多くの意味を持ってきました。会員はロータリーを通じて友人と出会い、地域社会とつながり、目的意識を持ち、人々との絆を育み、キャリアを築き、他では味わえない貴重な経験をしてきました。との、RI会長メッセージの元、十和田八甲ロータリークラブは精力的に活動して参ります。 2016年7月1日より新しいロータリー年度が始まり、ロータリー奉仕理念を奨励し、知り合いを広めることによって奉仕し、職業人の高い論理基準を保ち、地域のニーズにあった奉仕をし、ロータリアン一人一人が個人として社会生活において、日々奉仕の理念を実践していきます。 ロータリー活動、情報を提供し、ロータリークラブの存在活動の宣伝を実施し、会員相互の共に家族の親睦を育み、出席率を向上させ、各委員会と例会や行事等の出席確認をし、連絡を取り合っていきたいと思っております。是非とも会員の皆様のより一層のご協力、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。 

2015年〜2016年度 会長メッセージ

会長就任の挨拶

 

十和田八甲ロータリー

 

第14代会長 高谷 岩穂

 クラブ入会は2008年7月1日でロータリー経験は7年と浅く未熟でありますが、この度、第14代会長に就任致しました。会員の皆様のご協力を得ながらクラブ運営に努めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

さて、今年度のK.R.“ ラビ ” ラビンドラン国際ロータリー会長テーマは「世界へのプレゼントになろう」です。・・・それは「地位や身の上にかかわらず、才能、知識、能力、努力、そして献身と熱意など、誰でも与えることのできる何かを私たちはもっている。私たちはロータリーを通じて、これらを地域・世界にプレゼントすることで、誰かの人生に、そして地域や世界に、真の変化を起こすことができるはず。」とのことからです。

当クラブも、2002年7月25日創立(認証9月25日)から14年(満13年)を迎えました。この間、諸先輩方の努力等により7月の新入会者3名を加え79名のクラブとなりました。

大所帯のクラブとなりましたが、会員相互の親睦を図り地域に密着した活動に努めてまいりたいと思います。とりわけ10月3日、4日に十和田市で開催される「B - 1グランプリin十和田」をロータリーの「広報活動」、「奉仕活動」、「会員増強活動」として積極的に支援していきます。また、地域のロータリークラブと連携し活動に取り組みます。

対外活動のみならず同好会活動等のクラブ内活動等に取り組み一人の退会者も出さず、5年後の2020年には会員数100名を目標に1年目のスタートにしていきます。

会員の皆様のより一層のご協力ご支援を重ねてよろしくお願い致します。

 

2014年〜2015年度 会長メッセージ

会長就任の挨拶

 

十和田八甲ロータリー

 

第13代会長 川 村 景 明

国際ロータリー2014-2015年度RI 会長、ゲイリーC.K. ホァン会長は今年度のテーマを「ロータリーに輝きを」と定め、地域社会でロータリーの存在感を高める事で人々が誇りと喜びを得られるものだとしています。当クラブはこのテーマを念頭にまず会員相互の融和をはかり市内3クラブ、そして2830地区内クラブと交流親睦を深め地域に密着した活動に努めて参ります。

 又、今年度も会員増強は勿論ですが我がクラブの後援する「十和田バラ焼きゼミナール」が参画するB-1 グランプリ全国大会が来年秋に十和田市で開催することが決定致しました。是を十和田市及び青森県を全国にアピールする機会と捉えこの大会を成功裡に導く為に最大限の応援活動をしていく所存でございます。

 会員の皆様の絶大なるご協力とご支援の程よろしくお願い申し上げます。

2013年〜2014年度 会長メッセージ

会長挨拶

 

十和田八甲ロータリー

 

第12代会長 新 山 忠 男

2013 年7 月1 日より、伝統ある十和田八甲RC 会長を引き受けて、この大役が務まるのかと不安を抱きながらのスタートとなりました。

 「ロータリーを実践し みんなに豊かな人生を」をテーマとして一年間スタートしましたが、早いものであっという間の一年間でした。樋口幹事をはじめ理事・役員の皆様や会員の皆様のご支援、ご協力、たくさんの激励により何とか運営を無事に終了することが出来ましたことに心より感謝と御礼を申し上げます。

 一年間を振り返ってみますと、十和田八甲RC 杯青森県少年ラグビーフットボール大会や、初開 催となる岩手県一関市での移動例会、チャリティーゴルフコンペ等様々な活動を行ってきました。特にチャリティーゴルフコンペには過去最多となる123 名の参加があり大いに盛り上がり、会員の皆様と更なる交流を深めることが出来ました。世間では、4 年に一度の冬期オリンピック、サッカーワールドカップが開催され、日本勢が活躍し、日本中が歓喜の渦に沸きました。また、2020年東京オリンピック開催決定により、首都圏を中心に景気の回復、雇用増加など、明るいニュースがありました。

 当クラブは、会員も増え、着実に拡大をしております。次期会長の川村様を筆頭に、今以上によりよく発展させて頂きたいと期待しております。

 私も微力ながら、十和田八甲RC の更なる飛躍、前進の為、これからもサポートしていきたいと思っております。

 一年間ロータリーを通じて、さまざまな人と巡り合い、何物にもかえられないものを得ることができましたことは、今後の私の人生にとりまして大きな糧になると思っております。このような素晴らしい機会を与えて頂いたことに対し、感謝申し上げるとともに、十和田八甲RC の益々の発展とメンバー皆様のご健勝を祈念いたしまして退任の挨拶とさせて頂きます。一年間大変ありがとうございました。

Copyright© 2013 Towada Hakkoh Rotary Club. All rights reserved

>